このカテゴリの記事一覧です。

◆『パイナップルARMY』全8巻 作 工藤かずや 画 浦沢直樹






デッサンが超絶に上手くて早いヒットメーカー・浦沢直樹の中でも、

最も面白いのではないか?

と、僕は勝手に思います


元凄腕の傭兵だったジェド・豪士が戦闘インストラクターをやりながら、

他人の人生に関わっていく短編読み切り形漫画

社会主義、中東、大国のエゴ、戦争、

日本で平和にヌクヌク暮らしている僕等には到底分からない題材ですが、


真剣に生きている姿に胸を打たれますし、

ちょっとは中東の問題や戦争などを理解できます。

ちょっとは


とにかく構成もテンポもキャラクター設定も良く、

“大人な”ジョークや、悲しく救いようのない締めくくりが、

アメリカの良質な映画のようで完成度が高すぎます



よくもまあ、こんなステキな話を毎度思いつくもんだ・・・・


そこに関心



中でも僕は、3巻にあるドッグ・ウォッチという話が好きで、

身を挺して空港とその中にいる人々を守って爆死する警察犬・アーサー

死ぬ瞬間の何ともいえない表情が、たまらなく胸に響きます



人気ブログランキングへ漫画ブログへ





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。