このカテゴリの記事一覧です。

『三国志』全60巻 横山光輝








ご存知三国志のバイブル、横山三国志


よくも飽きずに描いた、根性の長編漫画です


何度も何度も復刻しましたね



丹念に的確に三国志を描き、

登場人物の絵柄が似すぎていて誰が誰だか分からないところや、

『ひともみにしてしまえ』など、セリフや展開が代わり映えしないところ、

後半があまりにもグダグダなところを除けば、



まあ、まあ、

三国志の勉強にはなるし、

みんなの話題に付いて行けるし、


もう友達の

『張飛や典偉もつえーけど、やっぱ呂布が一番だよな〜』

等の会話にもついていけます



重圧感たっぷりな物量ですが、


『読んだことあるぞ!』


と言えるだけ良いのではないのでしょうか??




人気ブログランキングへ漫画ブログへ



『キングダム』 原泰久






中国の春秋戦国時代


秦の始皇帝と、
後の李信(?)将軍の幼少期を李信視点で描く



後年、秦王政は、
大国・楚への大戦の任を李信に任せたが大敗、
その後粛清を行われなかったことから、


二人の見えない友情を紐解き、描きたかったのだろうと思います




歴史漫画は、
大体可もなく不可は結構あるっていうのが定番ですが、



この漫画は限りなく“可”です



主人公・信の憎めないドタバタ活劇や
各個人に当てたキャラ設定重視であり、
娯楽性が強い作りになっていますが、

俯瞰した歴史・時代感も損なわないのは凄いと思います

青年漫画というよりは少年漫画に近いですが・・・・




中でも際立つのが、大将軍・王騎のキャラクター



圧倒的に強いレジェンドを描くのは、

バキの範馬勇次郎しかり、
クローズのリンダマンしかり

ある種のテーマですが、



王騎は、変態で頭が良く、包容力もあるのに情にも深くて、口調も変


でも強い


これってなかなか一つのセットにならないというか・・・。



ほか、幼年期、

信の幼馴染である友人が大王の身代わりで殺され、
夢を信に託して死ぬシーン

男性ならみんな好きなのではないでしょうか??



『けっ、分かりやすい演出しやがって』



と、思いながらも涙腺に響くのは、歳のせいですかね・・・。


人気ブログランキングへ漫画ブログへ

『蒼天航路』全36巻 原案 李学仁 漫画 王欣太

みなさんご存知の、

孔明や劉備が超人的な活躍をする“三国志演義”ではなく、

史実である正史・三国志を基に、英雄・曹操を主人公に

王欣太が極厚に脚色して描いた超大作



原作者が変更するまで、

『天が、天に、天を』

とやたらと天を連呼するところを除けば、

構成もキャラ設定も進み具合もちょうどよくて大変面白かったのですが、



後半からは、え?これイラスト?と勘違いするくらいに

抽象的な少女漫画並みのイメージ重視になり、



呂布や関羽があり得ないような強さを発揮したり、

曹操の天才振りが『んなわきゃねーだろ』


と突っ込みたくなるような漫画になってしまいました。


よく分からないけど、今、史実ではどこくらいなの??

と、時間軸を見失うと共に面白さも見失ってしまう可能性があります





曹操を凄く描きすぎですが、

この漫画を見ると曹操が好きになれますね

男や天才を描くのはやはり上手いです



しかし実際、政治や法律で新しい発想を作り続け、

軍事、戦争、武芸、文学も堪能すぎた曹操は、

正史でみても嘘みたいな英雄ですけど




逆に孔明は、軍師というか内政のタイプの文官でした。




人気ブログランキングへ漫画ブログへ





◆『さくらん』全1巻 安野モヨコ



江戸は吉原の遊郭で、儚くも、自分を持って生きる女郎達の、


“女”


としての物語


ゴテゴテしい映像と土屋アンナという濃さで映画化されましたねー


“働きマン”で一躍有名になった安野モヨコの作


ちなみにこのお方、エヴァンゲリオンの庵野秀明の奥様です


先ず、全1巻という短さはすばらしいし、

部屋に置いて映える単行本の装飾も格好いい

遊郭や花魁(おいらん)の勉強にもなります



まあ、いくら辛いって言っても、

どの時代も美人は得ですね


人気ブログランキングへ漫画ブログへ




◆『お〜い!竜馬』全23巻 原作武田鉄矢 作画小山ゆう






巷にあるものと比して、幕末〜明治維新漫画の最高傑作と言っても過言ではないでしょう。

坂本竜馬にDEEPなLOVEを注ぐ武田鉄矢が原作で、
主要参考文献に“竜馬がゆく”をあげています。

幕末の英雄・坂本竜馬の幼少期から死後までを、
時にコミカルに、時に残酷に、史実を基に描ききっています。


漫画としては一級品のクオリティを備えている一方で、
歴史漫画としては幕末〜明治維新をこの漫画だけで熟知出来るので、

幕末から明治維新までを良く知らず
会社や上司の話についていけない時は是非ご一読を。



それにしても、脱藩浪士って現在のフリーターより立場が低いのに、
日本初の無血革命を成し遂げようとするってのは本当に凄い。

滅多に人を褒めないカミソリ大臣・陸奥宗光が

『坂本は近世史上の一大傑物にして、その融通変化の才に富める。その識見・議論の高き、その他人を誘説・感得するの能に富める。同時代の人、能く彼の右に出る者あらざりき』

と、西郷隆盛より伊藤博文より、自分自身よりすげーんだぜ?!っと、
自分の師匠を病床で語っているのも頷ける様な活躍っぷりです。


個人的には、高杉晋作の
『おもしろき、こともなき世を、おもしろく』
という句が沁みましたね…。


国の動乱の幕末〜明治維新まで、日本のために命を捧げてもいい!!
と本気で考えて行動した我々日本人の熱い咆哮を読みましょう。

これほど勉強になりながら面白く為になる漫画を他に知りません。


人気ブログランキングへ漫画ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。