『出直しといで』全6巻 一色まこと










第19回講談社漫画賞受賞した

花田少年史を書いた一色まことの出世作で、

漫画フリークには不思議と人気があります



特に女性に人気ですね。




ラブコメ青春学園漫画の王道的な作品ですが

少女漫画のようなキラキラさはなく、


かわりに80年代後半の地方高校の

ほのぼのさとノスタルジックさが作品全体を包み、

各登場人物の、粗末だが当人にとっては重要な悩みが丹念に重ねられていきます





30歳も越えた今では、


『なんでそんな事で悩むんだ?

問題は解決すればよく、解決できない事は受け入れるしかない』


って考えて先に進めますが、



それが出来ない純朴な昭和の地方高校の生徒一人ひとりの悩みがそこにはあり、

そんなどうでも良い悩みにみんなで真剣に、全力で右往左往する

社会に出る前の高校生ですね。



全員悪気がなく

ブサイクも美人も秀才も差別がないネバーランドのような世界ですが

我々の昔も、一時にはこんな集団に身を置いた経験があるのではないでしょうか??




望郷の念にかられる、精一杯な集団を描かせたら天下一品な


一色まことの傑作をどうぞ



人気ブログランキングへ漫画ブログへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。