『機動警察パトレイバー』ゆうきまさみ









ご存知SFロボットの大ヒット漫画

少年サンデー掲載

アニメ、映画、小説でもあるメディアミックス作品

フィギアも多彩です




近未来では、大型人型ロボットで作業を進める為、

その大型の人型ロボットによる犯罪も散見された。

そこで警察もそのロボットを取り締まる為の部隊と部署が必要になった。


レイバー隊の特車二課に配属された、不器用な女の子が主人公





よくも思いついた!

と言えるほど背景設定は完璧で非の打ち所がありません


細かい警察の生活描写やロボットの構造説明になると、大変緻密でいて、

踊る大捜査線以上とも言えます。

(※というよりも、踊る大捜査線はこの作品を半ばパク・・インスパイアされた作品です)



何の抵抗も無くストーリーに入っていけるので、

『いや、だってロボットが出てくるんでしょ??』

という悪しき固定概念をお持ちの方でもスンナリ入り込める作品です。




というか、これは最早少年漫画のクオリティではないですね。

作中では、



◇ロボットを操る部署(特車2課) → みんなが嫌がる場末の部署



と設定されており、アムロ等のエースパイロットに憧れた子供に

ここの所が理解できるか甚だ疑問です。



というか、そこまでしっかりした作りこんだ大人の漫画です




僕も、昔なら特車2課に入ってイングラムを操ることに憧れましたが、

今なら国家公務員一種で、本庁でデスクワークに勤しみたいですね




まー生まれ変わっても無理でしょうね一種は



この漫画、おすすめです


人気ブログランキングへ漫画ブログへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。