『新宿スワン』和久井健










ヤングマガジン掲載



他人にも自分にも、素直で純粋なスカウトマン白鳥龍彦が、

新宿歌舞伎町の夜を舞台に繰り広げる成長物語




当初、絵もあまり上手くないが何かリアルで響くし、

面白いなーって感じて連載を楽しみにしていたのですが、

作者は元新宿のスカウトマンらしいですね〜



そりゃリアルな筈だ。


現実は奇なり!




そんなに絵が上手いわけではない(むしろ・・・。)のに、

引き込まれるような絵で、しっかりとアップと引きを用いてコマ割を描き、

特に表情の描き方が秀逸で、緊迫した場面では効果が絶大です





ああいうストーリーって、

いままであったような、けれども同じ視点はなかったような感じですね


特に描写が細かいので、この手の漫画ではbPなのではないでしょうか??


誰でも新しい世界には引き込まれるものです




加えて言うなら、


『タチュヒコー!!』っと、


誰からも愛されるキャラクターを主人公にして

視点を読者と同じ視点にしたところも100点ですね





でも


でも、


でも


あれが現実ならこえーわ、新宿ってマジで



人気ブログランキングへ漫画ブログへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。