『スノウホワイト』全一巻 諸星大二郎

奇才・諸星大二郎が描く、
グリム童話の原型を多少は残したSF短編漫画

この人の絵は独特で、漫画の神様・手塚治虫にして
『諸星さんの絵だけは書けない』
と言われるような方です

細野晴臣、庵野秀明、高橋留美子等、音楽、アニメ、映画と各分野の先駆者に影響を与え、
漫画と言う枠を超えた超一級のクリエイターです



SF系の漫画を書かせたら天下一品
通常、なかなか入り込めない無理があるような設定でも
その独特の絵と、ストーリー性の高さから引き込み魅了します

どの作品も高い完成度を誇りますね
本当、こういうタイプの人って完璧で無駄もなく隙もなく、
非の打ち所がないんですよね。


読んだ後は、暗くなるような、
モヤっとするような不思議な読後感に苛まれます


全1巻ですので、“芸術”に興味がおありの方は是非ご一読を

最後まで読んでいただきありがとうございます。
漫画好きの方、1日1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。