『蒼天航路』全36巻 原案 李学仁 漫画 王欣太

みなさんご存知の、

孔明や劉備が超人的な活躍をする“三国志演義”ではなく、

史実である正史・三国志を基に、英雄・曹操を主人公に

王欣太が極厚に脚色して描いた超大作



原作者が変更するまで、

『天が、天に、天を』

とやたらと天を連呼するところを除けば、

構成もキャラ設定も進み具合もちょうどよくて大変面白かったのですが、



後半からは、え?これイラスト?と勘違いするくらいに

抽象的な少女漫画並みのイメージ重視になり、



呂布や関羽があり得ないような強さを発揮したり、

曹操の天才振りが『んなわきゃねーだろ』


と突っ込みたくなるような漫画になってしまいました。


よく分からないけど、今、史実ではどこくらいなの??

と、時間軸を見失うと共に面白さも見失ってしまう可能性があります





曹操を凄く描きすぎですが、

この漫画を見ると曹操が好きになれますね

男や天才を描くのはやはり上手いです



しかし実際、政治や法律で新しい発想を作り続け、

軍事、戦争、武芸、文学も堪能すぎた曹操は、

正史でみても嘘みたいな英雄ですけど




逆に孔明は、軍師というか内政のタイプの文官でした。




人気ブログランキングへ漫画ブログへ







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。