◆『風の谷のナウシカ』全7巻 宮崎駿






映画の方が遥かに有名ですが、

映画の内容は2巻まででそこから先が7巻までふかーくふかくあります。



人類の進みすぎた文明の末、

汚染を撒き散らし“腐海”という人の住めない森を作り出したが、

その腐海は文明の作り出した汚染を浄化する為の装置であって・・・。



宮崎駿が世の中に最も言いたいことを、

この漫画に託して色々と言っている為かくも深い仕上がりとなっていて、

時折迷子になってしまいそうです。



本人は『漫画の才能なし』と言っているそうですが、

この漫画にも十二分にその才能は発揮されており、

紛れもなく名著の一つです


この人は、『ポーニョポーニョポニョ魚の子〜♪』なんてタイプではなく、

結構過激な人であることを知って下さい



漫画では身体がもげまくりです



終盤に向けて徐々にナウシカは神がかり過ぎてついていけなくなりますが、

健気にナウシカを慕う巨神兵が映画と違ってとてもかわいいです


『ママ オコッテナイ ウレシイ』


と、光線で人を消し去った後喜びます



でも、政略結婚したばかりの旦那様の身体を引き千切りながら質問する

男勝りなクシャナも捨てがたいです



人気ブログランキングへ漫画ブログへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。