◆『童夢』全1巻 大友克洋

僕が目にした漫画家の中でbPの人です

ご存知世界的な名作AKIRAの作者で、
各分野の著名人からリスペクトされていて、
特に“GANTZ”や“変”の奥浩哉氏等からは手本にすらされています


その偉人とも言うべき漫画家の出世作


団地で一人暮らしの老人がボケると共に超能力に覚醒し、
悪気はなく犯罪を繰り返してゆくが、やがて同じ超能者の少女に発見され、
追い詰められてゆくストーリー


このような設定はありきたりなように感じるでしょうが、
最初に始めたのはこの偉人です

とにかく、発想力とストーリーと画力が凄い
画力が凄いから、頭に思い浮かぶシーン全てが実現可能で、
結果として映画以上のクオリティに仕上がってしまいます。

ここまで上手いのは、
鳥山明や井上剛彦、松本大洋、岸本斉史くらいでしょうか??


いや、やはりこの人は別格ですね


出す漫画は必ず重版というのもいい


今読み返していても、
『よくこのコマ書く気になったなー』や
『自身があんだろーなー』っていうのが多く散見されます



アシスタント抜きで背景から全部書いちゃう偉人の作品を、
是非見てみて下さい




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。